別荘購入時に発生する諸費用をチェックしておこう!

別荘購入時に発生する諸費用をチェックしておこう!

別荘購入時にどういった費用が発生するのか知っておくことは大変大事です。
やはりコストについて熟知しておかないと後悔することにもなりかねません。
そんな別荘購入時に発生する諸費用を色々と紹介しておきましょう。
まず、用地にかかる費用は絶対に避けられません。
別荘地によってはかなり高額になることもありますし、傾斜地ならば平坦にしたり、僻地ならば水道を引かないといけません。
他にも、別荘地は管理費用や契約費などもかかってきます。
他にも、物件自体を建てる費用も必要となってきます。
これは7千万円程度を見積もっておくと良いでしょう。
これも工夫すると格安で抑えられます。
更には申請費用なども見ておく必要性があります。
調度品もこだわりたいものですが、こういった費用も意外と高くつくので気をつけておきたいところ。
トータルコストはやはり1億円以上はかかってきますから、十分に調べて用意しておきましょう。
助成金を活用することも可能です。

別荘にかかるランニングコストを押さえておこう

近年ではリモートワークを取り入れる企業や副業を解禁する企業が増えたことから、2つ目の住居や仕事を持つデュアルライフに大きな注目が集まっています。
このような中で2つ目の拠点の中でも人気が集まっているものが別荘です。
しかし実際に別荘を購入してからは維持管理費用が思ったよりも高いなどと言うように、お金の悩みを抱える人が多く見られます。
このようなことから、ランニングコストについて押さえておくことが大切です。
どのぐらいのランニングコストがかかるのかというと、税金以外の管理費としては、生命保険料や火災保険料、ローンの保証料のほか、交通費や通信費、共益施設負担金等が該当します。
温泉があれば温泉更新料や温泉使用料、その他にも上下水道、電気、ガスなどが該当します。
税金は固定資産税や都市計画税、住民税等があります。
このようにかなりの費用がかかることから、使わない間に貸し出して収益化を図ったり、管理や維持コストの負担削減などを取り入れることが求められます。

著者:磯村広明

筆者プロフィール

東京都渋谷区生まれ。
昔からの夢であった別荘をついに購入。
このサイトでは別荘購入について学んだことをまとめていきます。